読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
follow us in feedly

ホームシアター No.3 アンプの選択(必要な機能)

アンプで最低限欲しい機能としては、以下の3つ
・ピュアダイレクト(もしくは同等の機能)
・7.1ch対応
HDMI出力2系統(TVとプロジェクター用)

ピュアダイレクト

Wii Uでカラオケをした時にとても助かった機能ですので、必須だと思います。
カラオケしないなら、なくてもよいですが。
よくWii Uのカラオケで音声の遅延がおきて、なぜかマイクのレビュー評価を下げたりする意味不明な方がいますが、これはTVやアンプの音声をデジタル処理するときに、遅延が起こってしまうせいです。
遅延といっても、一秒以下の世界なので、普通は問題ありません。
ただ、カラオケの場合は自分の出した声が遅れて再生されるので、すごく違和感があり、とても歌えたものではありません。
ピュアダイレクトモードをオンにすると、必要最小限の処理しかしないため、遅延がほぼなくなります。
何かの折りに、あってよかったと思う機能になります。

7.1ch対応

せっかくのホームシアターなので、5.1chではなく7.1chにしておきましょう。
まだソフト側の対応が少ないですが、音の再現力は上がるはずです。

HDMI出力2系統

最悪、HDMI切替機をかませるという手もありますが、テレビとプロジェクターには接続出来たほうが良いと思います。

以上のことを踏まえてお勧めのアンプはRX-V777です。
これ以上の価格のものを購入する場合は、その金額をプロジェクターに回した方がよいと思います。

 

あたりまえですが、1080p対応は必須です。