読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
follow us in feedly

Blade V7Max No.2 付属品,ベンチマーク,プリインストールアプリ

付属品

Blade V7Max 本体
ACアダプタ(5V 2A)
microUSBケーブル(Type-C)
クイックスタートガイド
保証書
SIMカード取り出しピン

 

意外なことに、イヤホンは付属していませんでした。
背面のシールは、剥がした方がいいのでしょうね。

f:id:ukki0309:20161008145718j:plain

f:id:ukki0309:20161008145719j:plain

f:id:ukki0309:20161008145720j:plain

f:id:ukki0309:20161008145721j:plain

f:id:ukki0309:20161008145722j:plain

f:id:ukki0309:20161008145723j:plain

 

購入直後は、バッテリーの充電量は、ほぼ100%の状態でした。
通知LED(ランプ)はHOMEボタンが点滅します。

充電中は点滅で充電が終わると点灯となりました。

 

空き容量とベンチマーク

念のために端末は初期化を行いました。
起動直後の空き容量は、約24GBでした。
設定にスマートパワーというのがありましたので、オフでベンチマークを取りました。
ベンチマークAnTuTu Benchmark v6.1.2のスコア値は47327。
オンにした状態(デフォルトがこちらだったと思います)では46368。
誤差範囲かもしれませんが、オンにしておくとパワーを抑えてバッテリーが持つのかもしれません。
とりあえず運用はオンにして様子をみます。

f:id:ukki0309:20161008145725j:plain

f:id:ukki0309:20161008145726j:plain

f:id:ukki0309:20161008145727j:plain

2017/01/01追記:スマートパワー = 設定→電池→バックグラウンドインテリジェントパワーセーブでした。設定が連動していました。たんにOSの標準機能を操作できるものでした。オンオフで具体的にどう影響するかまでは分かりませんが・・・・・

 

プリインストールアプリ

ホームは独自のMiFavorというものでした。
シンプルすぎて何も出来ないので、ZenUI Launcharを入れました。

 

プリインストールのアプリは黒枠のものです。赤枠はインストールしたアプリです。
不要なものが入ってなくて好感が持てます。SIMフリー端末の良いところですね。

f:id:ukki0309:20161008145728j:plain

f:id:ukki0309:20161008145729j:plain

f:id:ukki0309:20161008145730j:plain

 

液晶の滲み

黒背景とと白背景を用意し、暗室でライトを少しだけつけて、デジカメで撮影してみました。
暗闇なのでデジカメではピントがあっていませんが、参考にはなると思います。

f:id:ukki0309:20161023121017j:plain

f:id:ukki0309:20161023121041j:plain


目視では、画面の端からの明かり漏れはなし。
黒も白も、滲んだようなところは確認できませんでした。
完璧なものだと思います。 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ZTE SIMフリースマートフォン Blade_V7_Max/Silver (シルバー)
価格:33990円(税込、送料無料) (2016/10/2時点)