読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
follow us in feedly

ZB551KL-WH16 No.14 ZenFone Goでiモードメールアドレスを使う

ZenFone Go ZB551KL-WH16 SIMフリーで、FOMA SIMでの通話以外に、iモードメールアドレスも使うことが可能です。

2016/04/16追記:一部記載ミスがあったため、画像などを追加して修正。記事内には修正履歴なし。

 

iモードメールをsimフリー端末で見れる理由

iモードとspモードのメールアドレスの入れ替えが可能
spモードをsimフリー端末で使えるようになった。(ただし初期設定に、FOMA SIMでは3G専用端末が必要
spモードメールをマルチデバイス(PC等)で見れるようなった(ドコモメールとしてオープンになった)

dメニューやドコモメールのアプリは不要。

 

iモードメールを本機で見れるようにする設定

追加でSPモードを契約(iモードをSPモードに変更するのではなく必ず両方出来る方にすること。セット割が効くので金額はかわらない)

変更でもできなくはないが、両方にしておいた方が、まずは新しいSPモードメールアドレスで練習も可能。
追加契約した場合のSPモードの4桁のパスワードはiモードと同じものが設定されています。

My docomoから申し込み可能(当日より利用可能)

f:id:ukki0309:20160416073042j:plain

 

dアカウント利用者設定以外はWi-Fiで処理可能ですが、保険でパケホーダイダブルは契約。

My docomoから申し込み可能(当日より利用可能)

最大で7800円になります。

spモードで通信するのは、dアカウント利用者設定時のみにして、それ以外はすべてPC等で行い、パケット料は可能な限り抑えて下さい。

dアカウント利用者設定以外の設定(メールアドレスの変更)等をPCで行う方法は後述(補足)しますので、必要な場合は、先にそちらを参照。

f:id:ukki0309:20160416073746j:plain

 

SIMフリーの端末でいいので、FOMA SIMの場合は3G専用端末(私はpriori2の3G端末を使用)にSIMを指す。

パケット料を抑えるために、事前にgoogleアカウントの同期はなどはオフにしておく。

SPモードのAPN設定は以下のとおり。(この時点ではWi-Fiをオン、モバイル通信をオフにしておく)
名前:spmode(任意)
APN:spmode.ne.jp
ユーザー名:spmode
パスワード:spmode
認証タイプ:CHAP

2016/08/12追記:ユーザー名とパスワードは設定しなくても接続可能だと思います。

 

ドコモのサイトにアクセス(smt.docomo.ne.jp)
spモード契約のある、dアカウントでログイン

ここで、はじめてWi-Fiを切って、モバイル通信をオン(SPモードでのアクセスに変更)
サービス・メールなどの設定→メール設定
ここで、SPモードのパスワード入力を求められます。もし求められなかった場合は、ここまでの設定で何かミスがあります。
この先の「dアカウント利用者設定」でエラーが出ますので、見直しが必要です。

「警告 6029 dアカウント認証時はご利用いただけません。ログアウトしてはじめからやり直してください。」という意味不明のメッセージが表示されます。

f:id:ukki0309:20160416074901j:plain



dアカウント利用者設定の確認/変更

f:id:ukki0309:20160414000118j:plain

 

これでマルチデバイス(PC等)で利用できるようになります。

あとは、SPモードアクセスは不要なので、Wi-Fiをオンにして、モバイル通信をオフ、念のためにAPNも削除(将来間違ってSPモードでアクセスしないように)

このあとパケットが使われることはありませんので、来月以降無駄なパケホーダイ料を取られないにパケホーダイを解約。(不安な場合は様子をみてから解約)

解約は151かドコモショップでなければ出来ません。151なオペレータとのやり取りを1~2分程度で終わります。来月以降からパケホーダイダブルの料金(372円)がかからなくなります。

 

ここからは、3G専用端末は不要です。
ここからはSIMを本機に戻し、本機でAPNも設定していなければ、パケットが発生することはありえません。
通話が不要ならSIMを指していなくても、メールの送受信は可能です。

 

あとは好きなメーラーで今まで使っていた、SPモードメールアドレスの送受信が可能。(まずは練習で新しいSPモードメールアドレスで練習)
私はmyMailというメーラーを使いました。
このアプリではdアカウントのIDをメールアドレスに変更しておく必要があります。

 

2016/08/21追記:dアカウントのID変更方法を追記

ドコモホームページ→My docomo→サービス・メールなどの設定→dアカウントメニュー→IDの変更→IDを変更する
そうすると、新しいIDの候補にSPモードメールアドレスが表示されていますので、それを選択して、入力内容を確認するを押下で処理を進めていきます。

 

SPモードとiモードのメールアドレスを入れ替える。dアカウントのIDも、もともとのiモードメールアドレス(入れ替え後はSPモードメールアドレス)に変更。

メーラのメールアドレスも変更。
これでiモードメールアドレスがドコモメールとして使用可能になります。

 

補足

SPモードのメールアドレスの変更などはPCで可能です。

Chrome などでスマホに成りすまして設定すると楽だと思います。パケットも発生しないので安心です。

Chromeを起動して、F12押下→画像の赤枠押下(もしくはCtrl+Shift+M)で、なりすませます。

あとは、smt.docomo.ne.jpにアクセスして、スマホと同じ画面で操作できます。

f:id:ukki0309:20160416080712j:plain

f:id:ukki0309:20160416081428j:plain

My docomo(お客さまサポート)→サービス・メールなどの設定→メール設定→メールアドレスの変更
My docomo(お客さまサポート)→サービス・メールなどの設定→dアカウントメニュー→IDの変更→IDを変更する→メールアドレスに変更する
My docomo(お客さまサポート)→サービス・メールなどの設定→メール設定→メールアドレスの入替え
My docomo(お客さまサポート)→ドコモオンライン手続き→spモードパスワードリセット 

 

注意事項

FOMA SIMでの契約の場合は、3G専用のスマホSIMフリーでよい)が必要(SPモードも追加契約しているSIMでの認証に必要)
FOMA SIMを使っている人は、ここが敷居が高いかも。

 

保険でパケホーダイダブル程度は初期設定を行う当月のみでもつけておくことを強く強く推奨。

 

ついでにLINEの年齢認証でID検索可にする

せっかくSPモード契約したことなので、ついでにLINEの年齢認証も済ませておいた方がよいです。
SPモードを契約したdアカウントでログインすることで認証が可能です。(SPモードを契約していない場合は認証が通りません)
Wi-Fi接続のままでよいです。SPモードを契約しているSIM以外でもdocomo回線を使用しているSIMであれば何を指しておいてもよいです。(たとえ解約済みであっても可)