読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
follow us in feedly

T100HA-WHITE No.13 バッテリー性能の検証

ASUS TransBook T100HA T100HA-WHITEは、キーボード使用時は、公証値としては約11時間持つことになっています。
実際にどれくらい持つのか検証してみました。

 

設定

満充電から開始、Bluetoothをオフ、スリープに移行しないように設定、明るさ25%、ブラウザーでYahooのトップページを表示
バッテリー節約機能は標準の20%時の設定のまま
低残量の設定は6%時に通知のみ
省電源移行は4%時
バッテリー切れの設定は2%で休止状態
CPUとWi-Fiに負荷をかけるためにlinuxtorrentでダウンロードを10kB/sに設定
CPUが常時10%程度に負荷がかかって、負荷設定としては、いい感じになりました。

f:id:ukki0309:20151011160402j:plain

 

計測

06:00 起動
07:00(1.0時間) 92%(08%消費)
09:30(3.5時間) 74%(26%消費)
15:00(9.0時間) 10%(90%消費)

 

実際のバッテリーの消費量をグラフで確認
コマンドプロンプト(管理者)で以下を実行
powercfg /sleepstudy /output c:\sleep.html

f:id:ukki0309:20151011160429j:plain

 

最初は1時間に10%未満の消費量ですが、残容量が50%を切ったところから消費が速くなるようです。
9時間使用したところで残量10%
今回の検証ではバッテリーをすべて使い切れるようにしたとしても10時間は無理そうです。
CPUの使用量が常に10%なので、通常の使い方(CPUの使用量がほぼ0の時間があるはず)なら11時間も可能そうです。
公称値の11時間、決して実際より長い値を書いているようなことはないと判断してもよさそうです。