読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
follow us in feedly

DMR-BXT3000 No.7 PCに管理領域をバックアップ

2014/12/20追記:2014/10/07に復元の検証も終えて、4Tへの換装で現在も正常に機能しています。

DMR-BXT3000 No.8 4Tに換装して6チャンネル1ヶ月録画にチャレンジ - ukkiのブログ

 

すでにHDDへクローンをとってはいますが、念のためにPCへも管理領域を保存しておきます。
他のレコーダ同様に2G分のデータで良いと思います。
復元の検証はしていませんので、絶対ではありませんが。

 

HxDというフリーのバイナリエディタを使用します。

http://mh-nexus.de/en/downloads.php?product=HxD

ダウンロードしてインストールするだけです。

 

レコーダーのHDDを取り外しPCに接続します。外付けでも内蔵でもなんでもよいです。
HxDを起動します。
「エクストラ→ディスクを開く」でディスクを開きます。

f:id:ukki0309:20141005015223j:plain

f:id:ukki0309:20141005015249j:plain

レコーダーのHDDであることを確認するために、「検索→検索」で「Panasonic」という文字を検索します。
Offset位置4000に文字があればレコーダーのHDDとなります。

f:id:ukki0309:20141005015333j:plain

違っている場合は、正しいディスクを開き直します。

「編集→ブロックの選択で、開始オフセットを0、長さに20000000を指定します。自動で終了オフセットが「1FFFFFFF」になります。

f:id:ukki0309:20141005015412j:plain

f:id:ukki0309:20141005015440j:plain


「編集→コピー」で選択した範囲をメモリにコピーします。1分ほどかかります。
「ファイル→新規」で新しいタブを作成します。
「編集→挿入の貼り付け」で先ほどコピーした内容を貼り付けます。
確認ダイアログが出ますので「OK」を押します。

f:id:ukki0309:20141005015521j:plain


「ファイル→名前をつけて保存」でファイルに保存します。
ファイル名は「DMR-BXT3000 00000000-1FFFFFFF.bin」とでもしておきましょう。
保存はできましたので、「ファイル→閉じる」で不要なタブを閉じます。

 

次は20000000-3FFFFFFFの範囲の作業を行います。

「編集→ブロックの選択」で開始オフセットに「20000000」に変更します。
※長さを入力しないと、終了オフセットの値が変更されないので、長さを入力し直します。一文字でもいいので変更して、元に戻します。終了オフセットが自動で「3FFFFFFF」に変更されればOKです。

f:id:ukki0309:20141005015559j:plain

f:id:ukki0309:20141005015625j:plain

あとは最初と同じ作業を繰り返します。
「編集→コピー」
「ファイル→新規」
「編集→挿入の貼り付け」
確認ダイアログ
「ファイル→名前をつけて保存」
ファイル名は「DMR-BXT3000 20000000-3FFFFFFF.bin」

同じ要領で
40000000-5FFFFFFF
60000000-7FFFFFFF
のファイルを作成します。最終的に以下の4つのファイルができます。
DMR-BXT3000 00000000-1FFFFFFF.bin
DMR-BXT3000 20000000-3FFFFFFF.bin
DMR-BXT3000 40000000-5FFFFFFF.bin
DMR-BXT3000 60000000-7FFFFFFF.bin

念のために内容があっているかを確認しておきます。
「ファイル→開く」でそれぞれのファイルを開き
HDDの内容と同じかを確認します。
参考のために私のHDDは以下のようになっていました。
00000000-1FFFFFFFのファイルはOffset41000の値が「84 00 00 00」
20000000-3FFFFFFFのファイルは全ての値が00(目視で流し読みなので00以外があるかもしれません)
40000000-5FFFFFFFのファイルはOffset1EE3FA0のからの値が「FF FF FF FF」
60000000-7FFFFFFFのファイルは全ての値が00(目視で流し読みなので00以外があるかもしれません)


【PCのデータから復元】
新しいHDDへ復元する場合の手順です。

「エクストラ→ディスクを開く」でHDDの中身を表示します。
※別のHDDでないことを確認するために、新しいHDD以外のディスクの内容は事前に確認しておきます。
※新しいHDDは「読み取り専用として開く」のチェックボックスは外します。

保存しておいたファイルを開きます。
「ファイル→開く」
「編集→すべて選択」
「編集→コピー」

ハードディスクタブへ移動し、貼り付けた場所へ移動します。
「検索→移動」で先頭へ移動。(何もしてなければ最初から先頭ではありますが)

f:id:ukki0309:20141005015724j:plain

「編集→書き込みの貼り付け」でデータを上書きします。
※「編集→挿入の貼り付け」は、データの挿入なので、上書きになるように「編集→書き込みの貼り付け」を選択します。
「ファイル→上書き保存」で保存。

同じ要領で
20000000-3FFFFFFF
40000000-5FFFFFFF
60000000-7FFFFFFF
の内容を書き換えて終了です。
※必ずカーソル位置が「20000000」「40000000」「60000000」の位置になっていることを確認します。